CSS Validator のダウンロードとインストール

This translation of the installation guide for the CSS validator may be out of date. For a reliable, up-to-date guide, refer to the English or French versions.

CSS Validator のダウンロード

ソースのダウンロード

CSS Validator は、CVS を使ってダウンロードできます。 ガイドに従って W3C CVS 公開サーバーにアクセスし、2002/css-validator を取得してください。オンライン版の CSS Validator は一般的に CVS 版のものより古く、結果表示などが若干異なる可能性があります。

Java パッケージ (jar/war) としてダウンロード

css-validator.jar

インストールガイド

CSS 検査サービスはサーブレットであり、Java で書かれています。 どんなサーブレットエンジン上にでもインストール可能で、またシンプルなコマンドラインツールとして使うこともできます。 公式の W3C CSS 検査サービスは Jigsaw サーバー上で動いており、これがお勧めのセットアップです。 ただしこの文書では単純化のために、Apache のサーブレットエンジンである Tomcat 用のオンラインサーブレットとしてインストールする方法についてより詳しく説明してあります。

Jigsaw でサーブレットとしてインストールする方法や、コマンドライン環境で実行するためのガイドもこのページ下部にあります。

あらかじめ必要なもの

このインストールガイドを読む前に、すでに次のものがインストールされ動作確認されているものとします:

各自のシステムに Validator をインストールするには、以下の Java ライブラリが必要で、システムになければダウンロードする必要があります:

Tomcat に CSS Validator をインストールする

  1. Validator を上記の通りダウンロードしてください。
  2. ソースのフォルダ全体 (".../css-validator/") を Tomcat のインストール場所にある webapps ディレクトリにコピーしてください。 通常は、[TOMCAT_DIR]/webapps/ となります。 これにより、Validator のソースは [TOMCAT_DIR]/webapps/css-validator になりますので、以後これを [VALIDATOR_DIR] とします。
  3. "[VALIDATOR_DIR]" ディレクトリに、"WEB-INF" という名前のディレクトリを作成し、さらに "[VALIDATOR_DIR]/WEB-INF" の中に "lib" ディレクトリを作成します。これは UNIX の次のようなコマンドで作成できます:
    mkdir -p WEB-INF/lib
  4. あらかじめ必要なもの」の項目で挙げたすべての jar ファイルを、"[VALIDATOR_DIR]/WEB-INF/lib" ディレクトリにコピーします。
  5. Validator のソースをコンパイルします。ダウンロードした jar ファイルが CLASSPATH 環境変数の中に含まれるようにして、[VALIDATOR_DIR] ディレクトリで ant を実行します。 一般的には、単に次のコマンドだけで十分でしょう:
    CLASSPATH=.:./WEB-INF/lib:$CLASSPATH ant
  6. "[VALIDATOR_DIR]/css-validator.jar" を "[VALIDATOR_DIR]/WEB-INF/lib/" にコピーまたは移動します。
  7. "web.xml" ファイルを "[VALIDATOR_DIR]/" ディレクトリから "[VALIDATOR_DIR]/WEB-INF/" ディレクトリへコピー又は移動します。
  8. 最後に、Tomcat サーバーを再起動します:
    "cd [TOMCAT_DIR]; ./bin/shutdown.sh; ./bin/startup.sh;"

Jigsaw ウェブサーバーへのインストール

  1. まず上記ガイドに沿って、ソースをダウンロードして必要な jar ファイルを用意し、ソースを ant でビルドします。
  2. 次に、Validator をサーブレットのコンテナとして動作させるために、ホームディレクトリを設定します(通常は css-validator)。 このために、Jigsawをインストールする必要があります (Jigsawのページに簡単なガイドがあります(本当に簡単です))。そして Jigsaw Admin を起動したら、HTTPFrame を ServletDirectoryFrame に変えてください。
  3. 次のステップは "validator" リソースの作成です。 これは、"ServletWrapper" クラスで "ServletWrapperFrame" フレームに属するリソースです。 フレームについては自動的に設定されます。サーブレットのクラスは org.w3c.css.servlet.CssValidator です。 すでに "validator" という名前のファイルが存在するなら、その名前を変えてください。 このエイリアスの名前は必ず "validator" である必要があります。
  4. 最後に Jigsaw を起動し、Validator を実行します。 HTMLの場所を確認してください。 一般的なURLは次のようになるはずです:
    http://localhost:8001/css-validator/validator.html

コマンドラインからの利用

CSS Validator は、Java がインストールされたコンピュータ上では、コマンドラインツールとして使うことができます。 css-validator.jar を上の説明にしたがって作成したら、次のように起動します:
java -jar css-validator.jar http://www.w3.org/